Amazon 2019年 最新ビジネス書ランキング 

おすすめ:堀江貴文さんと西野亮廣さんの『バカとつき合うな』

[voice icon=”https://wp.me/aanfvM-kb” name=”たかごん” type=”l”]《楽しく過ごす為に何でもコミットする》たかごんです。
[/voice]

今日はホリエモンこと堀江貴文さんとキンコンの西野亮廣さんの合同著書『バカとつき合うな』をご紹介したいと思います。

この『バカとつき合うな』では数多くのバカが出てきます。

あぁこういう人いるよなぁ〜」と思うバカもいれば「これ、俺に当てはまらない?」ってな感じのバカも紹介されてます。

内容としては大きく3つの章で構成されています。

その3つの章の中で堀江さんと西野さんが互いに思うバカを紹介してます。さて、まとめていきます。

created by Rinker
¥1,200 (2019/08/25 11:12:24時点 Amazon調べ-詳細)

第1章 バカはもっともらしい顔でやって来る。気をつけろ!

堀江貴文さんが語る「バカ」
  • バカばっかりの環境に居続けるバカ
  • 学校を盲信するバカ
  • 我慢を美徳にしたがるバカ
  • 欲望する力を失っているバカ
  • 機械の代わりを進んでやるバカ
  • ひとつの仕事で一生やっていこうとするバカ
西野亮廣さんが語る「バカ」
  • 人と同じことをやりたがるバカ
  • 目的とアプローチがずれているバカ
  • 未熟なのに勘に頼るバカ
  • 「自分の常識」を平気で振りかざすバカ
  • 付き合いを強要するバカ
  • 先に設計図を描きすぎるバカ

実は私、大学を中退してるんですけど「なぜ辞めたか」と言うと講義の場で皆と一緒に座って学ぶというのに嫌気が差したんです。この本の言葉を使わせてもらうと『我慢体質』を刷り込むシステムが嫌になったってことでしょうか?

結局、辞めてからこの本でいうと「環境は自分で変えることが出来て、目の前の環境が唯一のものではなく他にも選択はある」、「人の作ったレール上では大きく得ることが出来ない」、「行動することによって自分に必要なものが見えてきてその経験が知識になる」などということに気付きました。

私には大学中退したことによって得るものが大きかった。しかし、これは私のパターンでもし大学へ行っている人や目指している人と話す機会があれば、その4年間を友好的に使い、〝情報を数多く収集すること〟と〝人脈を作る・繋げること〟を薦めます。とにかく経験を積むことです。

あと、中年の中間管理職の「終身雇用から脱却できない人」や「AIに対しての苦手意識があるけどそれを認めない人」には読んで欲しい。

ここでいうバカにならない為にも、バカとつき合わないようにする為にもこの本は読んだ方が良いと思います。

created by Rinker
¥1,200 (2019/08/25 11:12:24時点 Amazon調べ-詳細)

第2章 バカに何を言ったところで無駄。ムキになるな!

堀江貴文さんが語る「バカ」
  • 人生の配分ができないバカ
  • 無自覚に人の時間を奪うバカ
  • マナーを重んじて消耗するバカ
  • 孤独を怖がるバカ
  • 未来に縛られるバカ
  • バカを笑って、自分は棚上げのバカ
西野亮廣さんが語る「バカ」
  • にわかを否定するバカ
  • 新しさばかり追及するバカ
  • 善意なら何でもありのバカ
  • 自分は老害にならないと思っているバカ
  • 一貫性にこだわるバカ
  • 空気を読むバカ

この章で感じたのは、人として考え方をどの様に持てば良いかが反面教師的に書かれているという印象です。

人生=時間」と考え、その時間を大切にする為に予測不能な未来から逆算するのではなく「真の現実」を生きる。人間関係なんて常に変わり続けるものなので孤独を恐れず、老いは平等に訪れる為、「自分だけは老害にならない」と意地を張らない。その為に自分が楽しく活動できるように今からシステムを作っておく事が大事です。

また、「善意の押し売りと気付いていない人(タイミングが違う)」や「無意識、無自覚で行われる行動」は厄介。例えば、台風の中で自転車が倒れています。さて、あなたならどうしますか?自転車を起こします?そのままにしておきます?
たまに自転車を起こしている人を見ますが、このパターンだと私はそのままにしておきます。その理由はまだ強風が吹いていて、今起こしてもまた自転車が倒れる可能性があるからです。そして、その衝撃で破損するかもしれないからという可能性もありますから・・・・・

あとは「無駄に空気を読もうとする人」「一貫性にこだわりすぎる人」などをバカと呼んでいます。

created by Rinker
¥1,200 (2019/08/25 11:12:24時点 Amazon調べ-詳細)

第3章 2つの「バカ」

第1章、第2章で書かれてきたのは「悪いバカ」です。この章では、堀江さんと西野さんが互いに分析し、または自分を分析して「良いバカ」とはという事を説明しています。

良いバカ」を説明しながら、これから先に必要な〝能力〟や〝やり方〟が書かれてます。

この章ははっきり簡単にまとめる事が出来ません。ぜひ、立ち読みで良いので読んで欲しいです。

最終的に世の中には「良いバカ」と「悪いバカ」がいます。この『バカとつき合うな』ではその「悪いバカ」とはどんな人を指すのかを知る為の本ですね。そして、その「悪いバカ」に自分がならないようにする事が一番だと私は感じました。

私も気を付けないと・・・・・・。以上、『バカとつき合うな』の【本コミット】でした。

created by Rinker
¥1,200 (2019/08/25 11:12:24時点 Amazon調べ-詳細)
[voice icon=”https://wp.me/aanfvM-kb” name=”たかごん” type=”l”]「チャレンジある人生を!楽しくいこう!」たかごんでした。[/voice]