Amazon 2019年 最新ビジネス書ランキング 

アウトプット大全 アウトプットの基本法則

アウトプット大全 アウトプットの基本法則

たかごん

《楽しく過ごす為に何でもコミットする》たかごんです。

今回は精神科医で作家の樺沢紫苑氏の著書『アウトプット大全』についてまとめています。

『アウトプット大全』では、アウトプットの重要性と具体的なアウトプット法、アウトプットを自己成長につなげる方法が書かれています。

この『アウトプット大全』は5つのチャプターから構成されています。

CHAPTER
  1. アウトプットの基本法則(RULES)
  2. 科学に裏付けられた、伝わる話し方(TALK)
  3. 能力を最大限に引き出す書き方(WRITE)
  4. 圧倒的に結果を出す人の行動力(DO)
  5. アウトプット力を高める7つのトレーニング法(TRAINING)

この5つのチャプターの中からチャプター毎に記事をまとめていきます。

今回は、【CHAPTER① アウトプットの基本法則(RULE)】について紹介します。

CHAPTER① アウトプットの基本法則(RULES)

「アウトプットの基本法則」を進めて行く前に「アウトプット」とはなんでしょうか?

簡単にいうとアウトプットとは「出力」です。

例えば、【本を読みます。そして、その本で読んだことを感想文に書く】とします。この〝書く〟が「アウトプット」で、そして〝読む〟が「インプット」です。
簡単にまとめると・・・・・

「インプット=入力=〝読んだり、聞いたり➡情報や知識を増やすこと〟」
「アウトプット=出力=〝話したり、書いたり、行動したり➡運動すること〟」

〝学びを結果に変える為〟には、その「インプット」したものを「アウトプット」することが大切です。そして、それを繰り返すことによって更に良い結果に結びついていきます。

その繰り返す中で重要なのは「フィードバック」です。「フィードバック」は〝うまくいった時〟も〝失敗した時〟もその理由を考え、次の「インプット」に修正を加えます。この「フィードバック」により成果を成長に繋げることが出来ます。

そして、「フィードバック」を効果的なものにする為には4つの方法があります。

フィードバックの効果的な方法
  1. 短所克服と長所進展➡苦手を克服するか得意分野を伸ばすか
  2. 広げると深める➡学び方を浅く広く進めるか絞って深く進めるか
  3. 「なぜ?」を解決する➡「なぜ」を突き詰めるとその先に「気付き」がある
  4. 人に教えてもらう➡自分より知識、経験豊富な人から自分のアウトプットにアドバイスをもらう

その方法を用いて常に疑問や違和感は放置せず、あらゆる手段を使って必ず解決することが大切です。

ここで基本法則の締めくくりとして「アウトプット」のメリットをまとめておきます。

アウトプット」には6つのメリットがあります。

アウトプット 6つのメリット
  1. 記憶に残る
  2. 行動が変わる
  3. 現実が変わる
  4. 自己成長する
  5. 楽しい
  6. 圧倒的な結果がでる!

そのメリットを要約すると・・・・・。

インプット」した情報や知識を「アウトプット=行動」することによって記憶に残る➡「アウトプット=行動」することでより良い方向へレベルアップする➡自分の行動が変わると周囲の人たちに様々な影響があらわれて現実が変わる➡現実が変わると共に自己成長にも繋がる➡ポジティブな結果が出て評価され楽しくなる➡自己成長が進み現実が良い方向へ変化し、さまざまなポジティブな結果が連鎖的に起きる

というイメージでしょうか?

基本法則として「アウトプットは何か?」「メリットは何か?」をきちんと理解し、「インプット」だけで終わらせるのではなく「アウトプット」し、そして「フィードバック」を行うことで圧倒的な結果が得られます。

[voice icon=”https://wp.me/aanfvM-kb” name=”たかごん” type=”l”]とにかく成功を収めたいなら「アウトプット」は不可欠だという事になります![/voice]

以上。CHAPTER① アウトプットの基本法則(RULE)】をまとめました。

次はCHAPTER② 科学に裏付けられた、伝わる話し方(TALK)】を紹介します。

アウトプット大全 アウトプットの基本法則