Amazon 2019年 最新ビジネス書ランキング 

アウトプット力を高める7つのトレーニング法

アウトプット力を高める7つのトレーニング法

たかごん

《楽しく過ごす為に何でもコミットする》たかごんです。

今回は精神科医で作家の樺沢紫苑氏の著書『アウトプット大全』についてまとめています。

『アウトプット大全』では、アウトプットの重要性と具体的なアウトプット法、アウトプットを自己成長につなげる方法が書かれています。

この『アウトプット大全』は5つのチャプターから構成されています。

CHAPTER
  1. アウトプットの基本法則(RULES)
  2. 科学に裏付けられた、伝わる話し方(TALK)
  3. 能力を最大限に引き出す書き方(WRITE)
  4. 圧倒的に結果を出す人の行動力(DO)
  5. アウトプット力を高める7つのトレーニング法(TRAINING)

この5つのチャプターの中からチャプター毎に記事をまとめていきます。

いよいよ最後の【CHAPTER⑤ アウトプット力を高める7つのトレーニング法(TRAINING)】について紹介していきます。

CHAPTER⑤ アウトプット力を高める7つのトレーニング法(TRAINING)

このCHAPTER⑤では結果を出すためにアウトプット力を高めるトレーニングを7つ紹介されています。

その1 日記を書く

「何かアウトプットしてみよう」と考えても、上手く文章が書けないという問題に直面する人もいると思います。

そこで『アウトプット大全』では、初心者にオススメなのは『日記を書く』ことだと紹介されています。1日過ごすと何かあると思うのでそれを箇条書きで良いのでアウトプットしてみてはどうでしょうか。

ここで『日記を書く』ことで得られる5つのメリットを紹介します。

5つのメリット
  1. アウトプット、書く能力が高まる
  2. 自己洞察力、内省能力(自分を見返る力)、レジリエンス(ストレス耐性)が高まる
  3. 〝楽しい〟を発見する能力が高まる
  4. ストレスが発散される
  5. 1日10分程度書くだけで幸せになれる

『日記を書く』とビジネススキルが向上し、メンタルが強くなり、幸福度が高くなるなどいいことだらけですね。

そして、『日記を書く』為の具体的な書き方が紹介されています。

日記の具体的な書き方
  1. ポジティブ日記を書く
  2. 質や量ではなく、〝毎日書く〟
  3. 書く時間を制限する
  4. ネガティブをポジティブに変換する
  5. 非公開から公開(SNSなど)へ

今日起こったポジティブな出来事、楽しかった出来事、刺激的・感動的な出来事、読んだ本、観た映画など箇条書きからで良いので毎日、書いていきましょう

その2 健康について記録する

『日記を書こう』と思っても「時間がない」「毎日続けられない」という人に紹介されているトレーニング法は『健康について記録する』です。ポイントは3つです。

記録のポイント
  1. 体重を記録する(〇〇kg)
  2. その日の気分(▲5~+5で表現して気分を記録)
  3. 睡眠時間(〇〇時間)

こちらのポイント以外に出来れば、「今日は寝過ぎた」とか「気分がいい」などその日の気分を添えるのも良いと紹介されています。

その3 読書感想を書く

ビジネススキルを伸ばしたい、ビジネス的に成長したいという人にすすめられているのが『読書感想を書く』です。

この『アウトプット大全』では、【読書することで得られるメリット】と【読書感想のメリット】が紹介されています。

読書することで得られる8つのメリット
  1. 結晶化された知識を得られる
  2. 時間を獲得できる
  3. 仕事力がアップする
  4. 健康になる
  5. 頭が良くなる
  6. 人生が刺激的に変化する
  7. 飛躍的に自己成長できる
  8. 楽しい!
読書感想の7つのメリット
  1. 本の内容が、圧倒的に記憶として定着する
  2. 本の内容を、より深く理解することができる
  3. 本の内容が整理される
  4. 文章力がアップする
  5. 思考力、考える力がアップする
  6. 自己洞察が進む
  7. 飛躍的に自己成長できる

本の内容を忘れずに、本の内容を身につけ、自己成長するために、本を読んだらその感想を書くことが必須です。

ちょうど私がブログに書いていることがこのアウトプットに当てはまりますよね!

その4 情報発信する

情報発信で得られる7つのメリット
  1. フィードバック効果が高い
  2. 文章が上達する、アウトプット力が鍛えられる
  3. 緊張感が出る
  4. 情報と人が集まる
  5. 社内での評価がアップする
  6. 取材、出演、仕事の依頼がくる
  7. 楽しい

ここでは、アウトプットのトレーニング法『情報発信』によって得られるメリットが書かれています。

実際、私がこのブログでアウトプットして当てはまることが多いです。5と6はないですが、新たな人とつながったり、文章を考えることで脳を使ってますし、なんたってめっちゃ楽しいです。

その5 SNSで書く

情報発信の第一歩は、『SNSに書く』ことだそうです。

厳密にいうとSNSは情報発信ではなく友人や知人との〝交流の場〟なのでハードルとしては少し低い方だと思います。ぜひ、チャレンジしましょう。そこで、SNSで発信する時の注意点を紹介します。

SNSで発信する時の注意点
  1. 個人情報のコントロールは自分ですること
  2. SNSであっても不特定多数の人が読むことを意識する
  3. 実名、顔出しはなるべくすること
  4. 交流を楽しむこと
  5. 毎日投稿すること

その6 ブログを書く

〝インターネットで情報発信したい!〟という人に樺沢氏が最もすすめているのが『ブログを書く』ことです。

私も2018年の10月からブログを書き始めましたがまだただ文章を起こしているだけの状況です。ここでは、ブログを成功させる3つの秘訣が紹介されています。

ブログを成功させる3つの秘訣
  1. 独自のドメインは必須
  2. 毎日更新する
  3. 100-300-1000の法則

【3】100-300-1000の法則では100記事で固定ファンがつき、300記事で検索エンジン経由のアクセスが増え、1000記事で「良いブログ」「人気ブログ」へとなり、閲覧数も増えるという法則です。

もしブログを始めたいという方は、プロブロガー『ヨスさん』のヨッセンスにある記事を読んで始めてください。

とても分かりやすく書かれていますし、オンラインサロンもあって入会すると様々な成功者と交流出来たり、教えてもらったりできます。

\ ブログを始める為の完全マニュアルがここに /

【ヨッセンス】ブログの始め方

その7 趣味について書く

何をついて書いて良いかわからない人には『趣味について書くこと』をオススメします。

趣味とまではいかなくても、誰でも得意分野があると思います。それを人に紹介するのでアウトプット力は鍛えられるし、継続できるのではないでしょうか?

アウトプットする内容は、マニアックな記事なほどウケが良かったりしますが、そこは気を遣わずにまずは始めてみましょう。

書くときは〝感想〟〝意見〟〝着付き〟を意識して書くことが重要です。

映画、本、漫画、アニメなど何でも良いです。趣味がない人は今からで良いので見つけてみましょう。そして、それをアウトプットしてみたらどうでしょうか?

まとめ

精神科医で作家の樺沢紫苑氏の著書『アウトプット大全』をチャプター毎にまとめてみました。

この本を読んで2018年10月からブログを書き始めたことを続けると共にもっと質を上げてアウトプットしていこうと決心しました。

たかごん

『アウトプット大全』は本当にわかりやすくまとまっていてどれからでもチャレンジできる内容なので読んでみてください。

アウトプット力を高める7つのトレーニング法