Amazon 2019年 最新ビジネス書ランキング 

おすすめメンズスキンケア化粧品【BULK HOMME】

たかごん
どうも、たかごんです。今回は、私が今、一押しの男性用おすすめスキンケア化粧品(洗顔料・化粧水・乳液)をご紹介します。これ、本当にオススメです。彼氏へのプレゼントにもいいと思います。

そのスキンケア商品のブランド名は【BULK HOMME(バルクオム)】といいます。

様々な雑誌にも取り上げられていて、今では累計出荷本数が100万本を突破しています。



【BULK HOMME(バルクオム)】とは?

まず、ブランド名の【BULK(バルク)】とは英語で「容器の中身」HOMME(オム)フランス語で「男性」を表します。

なぜ、英語とフランス語といった異なった言語を使用しているのかというと、研究開発を通して世界中の男性に「ベーシックスキンケア」の答えを示し続けるという、想いと約束が込められているからだそうです。

「スキンケアは暮らしの一部。」というキーワードを掲げ、敬遠されがちな男性のスキンケアを特別な行動とせず、生活の乱れや日頃のストレスによる肌のトラブルから肌を守り、健康でトラブルの起きにくい肌をキープできるように考えて商品開発されているそうです。

肌のトラブル(スキントラブル)はストレスが原因

肌あれなどのトラブルが起きる要因には「外的ストレス」「内的ストレス」があります。

外的ストレス

「外的ストレス」とは、いったいどのようなストレスでしょうか?

例えば、年々強くなっているという〝紫外線〟〝肌のうるおいを奪うエアコンによる乾燥〟〝汗をかいた後に肌を刺激する塩分やアンモニア〟などが「外的ストレス」にあたります。

内的ストレス

続いて、「内的ストレス」とは、どうでしょうか?

それは、〝食生活や睡眠不足による生活習慣の乱れ〟〝日頃生活の中での過労や精神的ストレス〟、または〝体の中での水分や油分のバランスの崩れ〟などが「内的ストレス」にあたります。

毎日の〝生活習慣〟や〝外的要因〟が肌へストレスを与え、〝カサカサとした乾燥肌〟〝脂っこいべとべと肌〟〝ニキビなどが多くなるデコボコ肌〟と肌の健康を保つことが困難になります。

ストレスによって肌に何が起きているのか?

肌は、元々、バリア機能を持っていて肌の表面にある角質層が、空気の汚れや乾燥などの外的ストレスから防いでくれています。

また、その角質層は肌の内側にある水分が必要以上に蒸発しないように守る役割もしてくれています。

その大切なバリア機能をもった角質層を壊すのが「ストレス」です。

「ストレス」によってバリア機能が壊れ、外からは刺激物が侵入し、内部からは水分が蒸発するようになります。その結果、肌は健康を失います。

そのバリア機能を守るために

洗顔料:洗う―THE FACE WASHー

たかごん
まずは、洗顔料です。

泡立てると、きめ細かで弾力がある泡が経ちます。

この泡で洗うとその弾力感が心地よく気持ちいいです。この気持ちよさは「クレイミネラルズ」という洗浄剤の選択吸収機能によるものみたいです。

少量でも付属にあるネットを使えば、泡がふんわりと立って非常に洗いやすいです。ゴシゴシ洗わないで優しく洗うだけで十分汚れなど取れた感を味わえます。

そして、洗い流した後のスッキリ感も他の洗顔料に比べると全然違います。

化粧水:潤す-THE TONER-

たかごん
続いて化粧水です。

化粧水は商品によりますが、まれに肌に付けると刺激が強いものがあります。

しかし、【BULK HOMME(バルクオム)】の化粧水は低刺激で付けた直後、たっぷりとした潤い感を感じることが出来ます。

また、配合成分の「トレハロース」によりその潤いは一定を保ち、もっちりとした仕上がりになります。

この化粧水はぜひ、しばらく使って欲しいです。使ってみるとその違いが分かります。

乳液:守る -THE LOTION-

たかごん
最後に乳液です。

乳液はべたつきの少ない「スクワランオイル(保湿剤)」が使用されています。

ずっと使用していると分かるようになりますが、化粧水の後、乳液を塗ると更に保湿が強化されているのを感じることが出来ます。

その保湿も長い時間キープされ、外的ストレスから守ってくれてます。

created by Rinker
¥3,240 (2019/07/17 22:43:58時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

今回、紹介した【BULK HOMME(バルクオム)】の化粧品はそれぞれの単品販売からセット売りもあります。

女性の方は、彼氏や旦那さんにプレゼントとして贈るのも良いと思います。実際、私は嫁からプレゼントでもらいました。

ぜひ、【BULK HOMME(バルクオム)】の化粧品を試してみてください。



なお、本記事の文章は一部【BULK HOMME(バルクオム)】のサイトから抜粋しています。

その他にも色々と紹介しています。