Amazon 2019年 最新ビジネス書ランキング 

ビジネス書|0秒で動け「わかってはいるけど動けない」人のための

〝ビジネス書|0秒で動け「わかってはいるけど動けない」人のための〟

たかごん
どうも、たかごん(takaasa3)です。

今回は、Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一氏が著者の0秒で動け「わかってはいるけど動けない」人のためのを紹介いたします。

0秒で動くとは?またその方法とは?

 

本書では、「気合だけでは動けない」でも「納得するまで考える時間がない」「結局、行動力がないからできない・・・・」などそう思っている人に向けて一瞬で決めて動く為の方法が書かれています。

伊藤氏は冒頭に本書のポイントとして下記の3つをあげています。

  • 動ける人と動けない人は何が違うのか
  • わかっちゃいるけど動けない時に、どうしたらいいのか
  • 行動をどう積み上げ、継続するか

この3つの視点から「わかってはいるけど動けない人」のためのコツを書き記してくれています。

それでは、早速、内容をまとめて説明していきます。まず、本書は4つの章にて構成されています。

0秒で動け

第1章 結論を出せ!
第2章 一歩踏み出す
第3章 人を動かす
第4章 「軸」を持て

その中で今回は、第1章を紹介させていただきます。

第1章 結論をだせ!

伊藤氏がすぐ「行動」するためには、①自分なりの結論をすぐ着想し、②仮説を組み立て、③自信を持って踏み出すことが大事だと考えていて、第1章では、①と②を「動ける人の考え方」「結論の出し方」「仮説力を鍛える」と大きく3つ分けて紹介されています。

動ける人の考え方

まず、「動ける人の考え方」では、下記の3項目でまとめられています。

  • すぐ動くためには「思考のスキル」がいる
  • 「頭出しの結論」を出そう
  • ベータ版(β版)を出せる人、出せない人

様々なビジネス書で「まず動くことが大切」「踏み出すのが重要」など書かれていますが、これは一概にそうではありません。まず、動くにはやる気や勇気も必要ですが、最も重要な事は腹落ちする結論をすぐに作ることができる「思考のスキル」だと語られています。

また動くためには、まず「(どう動くのか)結論」を出すことが大事で、そもそも結論がなければどの方向にむかって良いかわかりません。100%の正解がない中では「まず結論を出してみる」ことで、それが最終結論でなくてもよりよい結論にたどり着くための「仮説を立てた頭出し」をすることに大きな意味があるそうです。

例えば、仕事で期限は10日間の調査依頼を受けた場合は、初めから立派なものを作ろうとすると時間がかかり過ぎて提出期限にギリギリに出して大幅な修正を言われるというケースありませんか?

このケースでは、まず、その目的と方向性、報告書の体裁だけ翌日に確認し、3日後にラフな体裁でストーリーを提出して判断を仰ぐことをオススメします。そうすることで大枠での仕事の進め方や報告内容を確認出来ているのでよほどのことがない限り、大幅な修正などは発生しません。

非常に効率的な段取りではないでしょうか。この「スキル」は重要だと思います。

結論の出し方

続いて、「結論の出し方」では、下記の4項目でまとめられています。

  • 直感を仮説にする方法
  • 瞬間的に「結論」を出すための伊藤式「結論と根拠のピラミッド」
  • 情報は、一定程度集めたら、あとはいくら集めても同じ
  • 結論を出すことがハッピーにつながる

こちらでは、多くの事象や情報から即時に「仮説」や「頭出しの結論」をどうすれば出せるようになるのかが書かれています。行動が早い人は事実や数字から「直感」で仮説を立ています。この「直感」は誰にでも使えます。普段、「自分ならこう思うなぁ」とか「自分ならこうするなぁ」というケースがあると思いますが、これが「直感」です。

そして、「直感」を用いた行動をする時は「それが正しい?間違っている?というのではなく、仮説を立てる、結論を出す、意見を言う、ということをする」のが非常に大事です。

あと、ここでは伊藤式「結論と根拠のピラミッド」が紹介されています。このピラミッドは仮説を構造化したもので、ピラミッドストラクチャーともいわれています。「動くことのできない人」はこの構造を理解していない人だとも言えます。

「動くことの出来ない人」は、仮説を立てるときに情報やデータを見ながら「~だろう」と仮説を立てるだけで結論がない状態になっています。この状態だと結局、「だから何?」という結論がなく先に進むことができません。なので「仮説」から、「だから何?」「だからどうする?」と問いながら、自分なりの「頭出しの結論」をすることで先に進めるようになります。

ただ、ここで気を付けて欲しいのは「正解」があるわけではありません。あくまで、自分なりの結論を出すという感覚で大丈夫です。

また、「動くことの出来ない人」は、情報集め、色々と分析をし過ぎる傾向があります。情報はある一定程度の集約が出来たら十分です。それ以上しても結局、判断材料が増えすぎて迷いが生じることにも繋がります。

情報や事実を並べることは出来るけど「結論が出せない」という人も多いと思います。そういう人は、いきなり「結果を出そう」とするのではなく、「こちらの方が幸せになるよね」という「想い」を大切にして結論を考える道筋を作っていきましょう。

仮説力を鍛える

最後に「仮説力を鍛える」では、下記の3項目でまとめられています。

  • 「仮説力」を鍛える習慣
  • パーツになる経験を大きな勝負に活かす
  • テレビや読書でも「行動力」は鍛えられる

ここまで「仮説」「結論」のつくり方について説明してきました。「すぐ動ける人」というのは、こんなふうにして「よし、これでいこう」という「結論」を出して動いています。そして「結論」を出すためには「仮説」を立てる力が必要です。

仮説を立てる」ことは特別なことはなく、普段、日頃の生活の中で誰もが仮説を立てながら動いています。例えば、「今夜は冷えそうだから、長袖を持って出かけよう」と考えて行動をするのは「仮説」を立てて行動することです。「仮説」を立てることは特別ではありません。

「仮説」を立てるということは「直感」が大事です。そしてその「直感」は鍛えることが可能です。直感」を鍛えるには下記の4つが大事だと説明されています。

  • 体験(直感を生み出すもとになる)
  • 妄想
  • 好奇心

本書では、上記の4点についてそれぞれ詳しく紹介されています。

以上。0秒で動け「わかってはいるけど動けない」人のためのの第1章の紹介とさせていただきます。

その他の章も含め「すぐ動ける人」になるための有益な情報が書かれています

まとめ

 

今まで紹介してきたことを時系列で並べると事実やデータ→仮説→結論と根拠のピラミッド→結論→行動となります。

このサイクルを、日常的に光速で回し続けることが大事です。なんでも、まずは「ひとまず」やってみることが重要です。

どうぞ、手に取って読んでみてください。