Amazon 2019年 最新ビジネス書ランキング 

ホテル・マーケティング心理学 マズローの5段階の欲求

ホテルマーケティング心理学 マズローの5段階欲求

たかごん
どうも、たかごん(takaasa3)です。2019年から『マーケティング』について勉強を始めました。

ビジネスにおいて、必ず耳にする『マーケティング』

このマーケティングを学ぶことによって「消費者と商品を結びつけて、売れる仕組みを作ること」が出来ます。

今回は、マーケティングにおいて心理的な面からの基本アプローチとして「マズローの5段階欲求」を紹介します。

なぜマーケティングに心理学が必要なのか?

マーケティングにおいて、実は理論だけでは解明できない事があります。

それは商品やサービスを購入するのが「」だからです。結局、人の心理を理解しない事にはマーケティングは完成しないと言えます。

なぜ人は商品を買うのか?」「なぜそのサービスを選ぶのか?」を解明・分析するには心理学を理解しない事には先に進みません

ただ、心理学と言っても幅広くどこから手をつけたら良いのか迷います。

そこでまずは、マーケティングにおいての心理学で最も有名な「マズローの5段階欲求」を今回は紹介させていただきます。

マズローの5段階欲求とは?

マズローの5段階欲求」とは、アメリカの有名な心理学者マズロー氏の考え方です。

この「5段階欲求」の階層は、下記の5つに分かれています。今回は、色々な本を読んでいく中で最も共感できた考え方を紹介します。

① 生存の欲求:生命維持、種の保存
② 安全の欲求:身の安全
③ 愛・所属の欲求:社会、組織、家族の一員
④ 承認の欲求:自尊心、他人から認められたい
⑤ 自己実現の欲求:なれる可能性のある最高の存在になりたい

生存の欲求:生命維持、種の保存

5つの欲求の内で1つ目は「生存の欲求」です。

この欲求は「生存すること」や「種を保存する」に関わる欲求です。「空気や水、熱、食べ物=飢え、渇き、休息、性行動・・・」などの本能部分に直結します。

簡単に言うと「食べたい」、「飲みたい」、「眠りたい」などが当てはまります。

よって、この欲求がなければ人間は「生きていくこと」や「種の保存」が出来ません。我々の存在に直結する欲求です。

安全の欲求:身の安全

2つ目の欲求は「安全の欲求」です。

先程は本能的な欲求でしたが、この「生存の欲求」をクリアすると、こちらの「安全に対する欲求」が生じます。

この欲求では「安全な環境にいたい」とか「経済的安定を得たい」や「健康的でいたい」などの個人が生活するにあたって安全に対する欲求です。

これも簡単に言うと「セキュリティが高いマンションに住みたい」や「安定感のある職に就きたい」などでしょうか?これで自分が安全に生きていくことの確保が出来ました。

ただ,ホテル業でいうと安定感は難しいかもしれませんし、不規則なため健康的な生活は確保しずらいです。なのでここに対する欲求は高く持てないかもしれません。

愛・所属の欲求:社会、組織、家族の一員

3つ目の欲求は「愛・所属の欲求」です。

自分が安全に生きていくことが確保されると人は人から愛され、社会の一員としてどこかに所属していたいという欲求が生じます。1人でいるだけでは満足できずに、誰かから愛され組織やグループの一員として自分が存在したいと考えるようになります。

例えば、友達をつくったりサークルに入ったり結婚して家族を築いたりなどです。

この様に組織やグループに参加することでより安全を確保できます。

承認の欲求:自尊心、他人から認められたい

4つ目の欲求は「承認の欲求」です。

自分のコミュニティが固まったら、「他者から存在価値を認められたい」、「自己肯定感を感じたい」という欲求が生まれます。

組織の一員であることが確保できれば、次に、その組織のほかのメンバーなどから認められたいという気持ちが生じます。

これは、人間生まれた瞬間に家族という環境があり、そこで子供がお父さんやお母さんに認めてもらいたいというのも入るのではないかと私は考えます。

自己実現の欲求:なれる可能性のある最高の存在になりたい

最後の5つ目の欲求は「自己実現の欲求」です。

これは「自分の持つ能力を発揮して、自分のやりたいことをしたい」という欲求です。

例えば、ホテルマンでいうと「総支配人になりたい」「シニアソムリエになりたい」「5万人の顧客と繋がりたい」などが当てはまるのではないでしょうか?

上記のように「なれる最高の自分になりたい」という欲求に対し、資格を取ったり、スキルを磨いたりと努力するということが重要です。

まとめ

現代社会において、4つ目の「承認の欲求」から5つ目の「自己実現の欲求」に上がらないケースも見受けられます。

例えば、ブランドバックを買いあさって他人から良くみられたいという「承認の欲求」で満足し、そのブランドバックを持った後の自分がどうなりたいかという「自己実現の欲求」まで発展しないケースです。

これでは、非常にもったいないです。

必ず自分の欲求は途中で止まっていないのか?を確認し、昇華させて自分を高めていきましょう。

以上。マズローの5段階欲求について説明しました。

参考文献

created by Rinker
¥1,543 (2019/08/25 10:13:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,620 (2019/08/25 11:16:23時点 Amazon調べ-詳細)

ホテルマーケティング心理学 マズローの5段階欲求