Amazon 2019年 最新ビジネス書ランキング 

今年の冬のイルミネーションデートはここだ!2019年行ってみたい場所まとめ

【楽しく過ごす為に何でもコミットする】たかごんです。

いよいよ紅葉もきれいに染まり、街中はクリスマスイルミネーションが始まりました。

ちなみに先日、今年の『イルミネーションアワード2018』の【イルミネーション部門】の発表がありました!そこで今回は、そのベスト5位までを紹介したいと思います。

よろしくお願いします。

5位 西武園ゆうえんち「イルミージュ」/埼玉県所沢市

こちらは埼玉県所沢市にある遊園地です。「ホワイトランタジア~雪と氷の世界~」をテーマに趣向を凝らした、中国で最も有名な四川省自頁市の最大4mのランタンをメインに約200個の造形が立ち並ぶ”光の祭典”です。

7カ所それぞれのテーマをもつイルミネーションスポットがあり、それぞれでフォトジェニックな写真を撮ることが出来ます。

また、イルミネーションの営業中はナイトアトラクションとしてジャイロタワー、大観覧車、メリーゴーランド、バイキング、オクトパス、ハローキティトレインが稼働しています。

《西武園ゆうえんち「イルミージュ」》
【HP】西武園ゆうえんち「イルミージュ」
【住所】埼玉県所沢市山口2964
【電話】04-2922-1371
【期間】2018/11/10(土)~2019/3/3(日)
【点灯時間】時期によって異なります
【入園料金】中学生以上:2,200円 3才~小学生:1,600円
※ゆうえんち入園+限定アトラクション乗り放題

4位 さっぽろホワイトイルミネーション/北海道札幌市

こちらは札幌市内の大通の各場所で開催されています。今年で38回目になるこちらのイルミネーションは【日本三大イルミネーション】の一つで各会場で「テーマ」が設けられ、色鮮やかな光の演出は会場を盛り上げています。

また、姉妹都市のドイツ・ミュンヘンとのクリスマス市も開催しており、こちらではスペシャルスイーツなどが販売されてます。

《さっぽろホワイトイルミネーション》
【HP】さっぽろホワイトイルミネーション
【住所】札幌市内
【電話】011-222-4894
【期間】時期によって点灯時間が異なります
【点灯時間】  時期によって点灯時間が異なります

3位 伊豆ぐらんぱる公園「グランイルミ」/静岡県伊東市

こちらは静岡県伊東市にある施設で日本初の「体験型イルミネーション」として今年で4年目を迎えてます。

「Walter+全国イルミネーションランキング」において2年連続1位を獲得しています。ソニーモバイルやドコモXperiaでも公開されてます。

伊豆高原の夜は、思っていたよりスゴい。』がキャッチコピーとなっており曲に合わせてイルミネーションが踊り出す「SHOWTIME」や往復400mの〝煌めくレール〟でイルミネーションの上を滑走する「流星〜RYUSEI〜」、またイルミネーションの中で楽しむ「ナイトアトラクション」などがあり、ファミリーでも楽しめます。

《伊豆ぐらんぱる公園「グランイルミ」》
【HP】伊豆ぐらんぱる公園「グランイルミ」
【住所】静岡県伊東市富戸1090
【電話】0557-51-1122
【期間】2018/11/16(金)~2019/8/31(土)までの予定
【休園日】 2019年4月7日までは毎日営業、4月8日以降は月~木曜日定休(予定)
【点灯時間】時期によって異なります
【入園料金】中学生以上:1,500円 小学生以上:800円 幼児:無料

2位 なばなの里 イルミネーション/三重県桑名市

こちらは三重県桑名市にあるナガシマスパランドに併設された施設です。「国内最大級の煌めきがつくる、奇跡の絶景」というキャッチコピーで毎年開催しており今年のテーマは『JAPAN〜日本の情景〜』です。

富士山を初めとする日本の絶景美を色鮮やかな色彩をつかい、ハイクオリティなイルミネーションを演出しています。

特に今回の見所は過去最多の14シーンでの臨場感溢れる情景を大パノラマで表現してます。

音と光の情景を楽しんでいただけます。

《なばなの里 イルミネーション》
【HP】なばなの里イルミネーション
【住所】三重県桑名市長島町駒江漆畑270
【電話】059-41-0787
【期間】2018/10/20(土)~2019/5/6(月・祝)まで
【点灯時間】時期によって異なります
【入園料金】大人・小学生:2,300円(内1,000円分金券付き)

1位 あしかがフラワーパーク「光の花の庭」/栃木県足利市

こちらは栃木県足利市にあるテーマパークです。イルミネーションは今年で17回目。2017年には一般社団法人夜景コンベンションビューロより「ハウステンボス 光の王国」、「さっぽろホワイトイルミネーション」に並び【日本三大イルミネーション】に選ばれています。今年で3年連続1位という快挙を成し遂げています。

歴史としては、1968年に「早川農園」として開園。その後、都市開発の波を受け移設することになり現在の場所へ「あしかがフラワーパーク」として1997年にオープンしています。なかでも樹齢130年の大藤は魅力を感じます。ここでしか見れないイルミネーションを展開しています。

光の花の庭~フラワーファンタジー2018」としてなんと450万球を使用しています。毎年、業者の方と一緒にスタッフの方々で手作業で作り上げているそうです。その手間暇かけた為、イルミネーションだからこそ3年連続一位を取れるんだと思います。

そして今年も新作があります。その名も「未来への懸け橋 レインボーマジック」です。また、期間によってテーマが違うのもポイントです。

《あしかがフラワーパーク》
【HP】 あしかがフラワーパーク イルミネーション2018
【住所】栃木県足利市迫間町607
【電話】0284-91-4939
【期間】 2018/10/27(土)~2019/2/5(火)まで
【休園日】 2018/12/31(月)
【点灯時間】16:30~21:00(土日祝は21:30)
【入園料金】 大人:900円 子供:500円


各地色々とイルミネーションに工夫してあり、いくつ周れるか楽しみですね。

「チャレンジある人生を!楽しくいこう!」たかごんでした。