Amazon 2020年 最新ビジネス書ランキング 

いじめの被害者や加害者にならないために親子で学べる『こども六法』

今回、ご紹介する書籍は「こども六法」です。

ご存じの方も多いでしょうが、「こども六法」は2019年8月に刊行され、今では20万部を突破したベストセラー本です。

普段、私はビジネス書を中心に記事を書いてますが、今回は子供たちを守る書籍としてこちらの「こども六法」をご紹介させていただきます。

私にも子供がいまして、子供のいじめや子供への虐待など痛々しいニュースを耳にすると胸がギュッと苦しくなります。また、教師の不祥事も然りです。

暴力や虐待は犯罪です。また、〝人の持ち物や財布を奪ったり〟、〝悪口をツイッターなどのSNSに書き込んだり〟しても同様で大人であれば罪を問われ、罰を受けることになります。

これは、法律によって定められている社会のルールです。今回、「こども六法」を読みましたが、〝法律名〟や〝内容〟を知らなかったり、意味を間違えていたりしました。(私の勉強不足かもしれません・・・)

なので、子供であれば、なおさら法律のことなど知りませんし、分かりません。大人が気付いて助けるまでひとりで苦しんでいるかもしれません。また、いじめをしているけど本人には自覚がないケースもあるかもしれません。

もし、この法律という武器を子供たちが理解し、大人がきちんとサポートしていれば、いじめられた子供たちは助けを求めてくるかもしれませんし、いじめる前にいじめを防ぐことが可能です。

この書籍は、子供だけでも読みやすく書かれていて、法律がどのようなものなのかを知ることが出来ます。また、小学生でも読めるように漢字にはすべて〝カナ〟がふってあり、イラスト付きで視覚的にも理解しやすく書かれています。

 

 

こども六法で書かれている内容とは?

 

それでは、「こども六法」で掲載されている内容です。

まず、「六法」とは、通常、〝日本国憲法〟〝刑法〟〝民法〟〝商法〟〝刑事訴訟法〟〝民事訴訟法〟の6つの法律のことです。ただ、今回ご紹介する著書は子供向けということで、子供にあまり関係のない〝商法〟の代わりに「少年法」と「いじめ防止対策推進法」が掲載されています。

この7つのことが各章で分けられていています。

本書の構成

第1章 刑法
第2章 刑事訴訟法
第3章 少年法
第4章 民法
第5章 民事訴訟法
第6章 日本国憲法
第7章 いじめ防止対策推進法

各章で子供にもわかりやすいように言葉を代えて書かれていますが、もちろん内容は「六法」のそのままの内容で書かれています。この書籍は、著者の山崎聡一郎さんが学生時代いじめに合って、ある日、「六法全書」に出会い、いじめにあっていた当時に法律を知っておけば良かったと必要性を感じ、誰でも読める「六法全書」を出版されたそうです。

子供の世界

 

子供の世界は、同じ教室の友達、われわれ保護者、先生、塾講師など限られた人の中で形成されています。よって、子供たちがコミュニケーションをとれる人は限られてきます。本当に狭い世界です。しかも、この世界は子供自身が選ぶことの出来ません。

この点では、大人がそのことを意識し、子供の世界にアンテナを張っておく必要があります。ただ、アンテナを張っておいても、すべてカバーできるわけではありません。もちろん、目の届かないケースはざらに出てきます。

そんなとき、子供に知識を与えておけば強い武器となり、いじめに対して対抗出来るようになります。

法律でのいじめの原則は、いじめっ子(加害者)が「ふざけていただけです」と主張したり、先生が「遊びの延長ではないのか」と思っても、いじめられた子が「それはいじめだ」と言えば〝いじめ〟です。そのことさえ分かっていれば、大人がきちんとサポートすることで、問題や困ったことなどを自分ひとりで抱えることは減るのではないでしょうか。

私が子供たちにおこなったこと

 

知識は本当に強い武器に生まれ変わります。今回「こども六法」を読んだ後、子供たちと話をしました。上が小3、下は小1です。特に下の子は、普段から「いじめっ子気質」でして、頭を悩ませていました。

よくあったケースは例えば、〝遊びの延長で欲望のままにじゃれ合い、その結果、怪我をさせる〟という始末でした。

私は本を購入後、子供たちと事あるごとにそのケースに沿って本を開いて話すようにしました。やはり、イラストがあるおかげで言葉で伝わりづらいところも伝わったようで、本を購入して5ヶ月が経ち、少しずつですが理解をしてくれたようで怪我をさせることはなくなっています。

イラストを公開出来ませんが、とくに「牢屋に入ったタヌキ少年が夜な夜な寂しがって泣いている」イラストはインパクトがあったらしく、「パパに会えなくなるの?」っと聞いてきたくらいです。ちょっと刺激が強かったかなぁ。

何はともあれ、私の家庭では効果が現れています。

まとめ

本書で書かれており内容は、本当にしっかりしており、なおかつ読みやすい。小学3年であれば何気なく自分で手に取って読んでいます。

「こども六法」の良いところは、私なりに2つあり、

  • いじめられている子を助けることが出来るし、いじめっ子も助けることが出来るという点
  • 親子でコミュニケーションをとるきっかけになる

という点です。

もし、まだ手に取ったことがない方や以前から興味があった方がいらっしゃいましたら、ぜひ、おすすめします。

「こども六法」には公式サイトもありますので、下記をクリックしてみてください。公式サイトでは、第7章「いじめ防止対策推進法」を無料で公開しています。参考になると思いますのでぜひ、お子様と見てください。

以上、「こども六法」の紹介でした。

参考 こども六法【公式サイト】こども六法の公式サイトです