Amazon 2019年 最新ビジネス書ランキング 

ホテル・マーケティング ベネフィットとは?

ホテルマーケティング ベネフィットとは?

たかごん
どうも、たかごんです。2019年から『マーケティング』について勉強を始めました。今回はベネフィットについて紹介します。

ビジネスにおいて、必ず耳にする『マーケティング』

このマーケティングを学ぶことによって「消費者と商品を結びつけて、売れる仕組みを作ること」が出来ます。

そのマーケティングを学ぶにあたり、基本的な4つの理論があります。

それをご紹介していきます。

  1. ベネフィット:お客様にとっての価値
  2. STP:顧客を分けて絞って立ち位置を確認
  3. 差別化:競合よりも高い価値を提供する
  4. 4P:価値を実現するための製品・価値・販路・広告

「ベネフィット」とは?

マーケティングの基本4理論のひとつめ「ベネフィット」はマーケティングでよく使う専門用語なので覚えてください。

「ベネフィット」とは、一言でいうと「お客様にとっての価値」です。

工具店で何を売ってる?ドリル?穴?

「ベネフィット」を説明するにあたり、よくある例え話で『工具のドリルを販売する』という話をご存知ですか?

とある工具店であなたはドリルを販売しています。

そこへお客様がドリルを買いに来ますがなかなかお客様の求めているドリルが見つかりません。

そこでお客様が求めるドリルを見つける為に、お客様になんて聞きますか?

「ドリルを何に使いますか?」「どんな穴を空けますか?」って聞きますよね?このお客様へのヒアリングの中に「ベネフィット」が潜んでいます。わかりますか?

ここで言う「ベネフィット=お客様にとっての価値」とは、「穴」です!

今回、お客様は、自分が望む「穴=価値」を空ける道具(ドリル)を買う為に来店された。そして、あなたはその「穴を空ける道具」を売っていいます。

この環境が成立し、体系化されたのが「マーケティング」だとも言えるでしょう。

そして、このお客様とのやりとりの本質は、「お客様の望む価値を売り、その対価としてお客様からお金をいただく」と言え、この点からマーケティングとは「価値のやりとり」だと考えられます。

この考えはとても重要なのでぜひ、覚えておいてください。

さて、そのベネフィットには「機能的ベネフィット」と「情緒的ベネフィット」があります。

機能的ベネフィット

「機能的ベネフィット」とは、物理的で計測しやすいベネフィットのことです。

物理的で計測しやすいとは、例えば、重さや便利さ、スピードなどを指します。これは商品やサービスの本来的な価値と関連性が高いものを「機能的ベネフィット」と言います。

情緒的ベネフィット

続いて「情緒的ベネフィット」です。

「情緒的ベネフィット」とは、その商品への憧れだったり、デザインだったり、購入したという達成感などの商品やサービスの本来的な価値とあまり関連性がないものを「情緒的ベネフィット」と言います。

まとめ

たかごん
今回、「ベネフィット」についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

価値とは、お客様が何を欲しているのかを本質的に掴むこと。それがとても重要です。きちんと覚えておきましょう。

次回も「マーケティング」における基本4理論の内、ひとつを紹介しますよろしくお願いします。

合わせて読んで欲しい記事はこちら

マーケターへの道

参考文献

ホテルマーケティング ベネフィットとは?