Amazon 2019年 最新ビジネス書ランキング 

《おすすめ ビジネス書 2019》仕事で5分に1回役に立つ「パソコン仕事 最速時短術115」 【047】連続データの“増分”を指定する

たかごん
どうも、いろいろなビジネス書を紹介している〝たかごん〟です。
今回は、日経PC21が出版している「パソコン仕事 最速時短術115」を紹介します。

本書は、1996年創刊の月刊誌「日経PC21」がビジネスに欠かせないパソコンの6大スキルが身に付けれる著書として出版。今回、「5分に1回役に立つ」というキャッチコピーに惹かれ本屋で手に取りました。

パソコンスキルが簡単に上がる技が色々と紹介されており、カラーで非常に見やすいレイアウトになっています。

また、一番オススメな点は「ガバッと180度開く特別製本」です。

ガバッと開くこの快感を味わってください ➽

見開きでガバッと開くのでこの本を見ながら作業が可能です。

さて、本題に入ります。今回は、一定の間隔で増減する「連続データ」を入力する方法を紹介します。

一定の間隔で増減する「連続データ」を入力する方法とは?

「連続データ」の入力が非常に楽になる方法

一定の間隔で増えたり、1000までの連番といった場合、ドラッグ操作だけでいちいち入力するのは大変ですよね?

そんなときは、「連続データ」画面を使って解決しましょう。

連続データを作成する方向を指定したり、日付なら増加の単位などを指定できます。

例えば、20ずつ増やす連番なら「増加値」で数値を指定するだけでOKです。

増やすならプラスの値、減らすならマイナスの値を入力しましょう。

もし、連番の値を300で終わらせたいときは、「停止値」を指定する事でちょうど300まで連続で自動入力されます。

結果

たかごん
“連続データ”画面は処理作業で大いに役たちます。ぜひ、覚えてください。

次は「048:自動入力する連続データを登録するを紹介します。