Amazon 2019年 最新ビジネス書ランキング 

超簡単!パソコンの操作や入力を自動化しよう!

超簡単!パソコンの操作や入力を自動化しよう!

たかごん

どうも、いろいろなビジネス書を紹介している〝たかごん〟です。

今回は、金川顕教 氏 著書「すごい効率化」を紹介しています。

本書は効率化を追求してきた金川顕教 氏が「最小の時間と労力で最大限の成果が14日間で出る」正しいやり方が紹介されています。その各日の内容は下記の通りです。

コンテンツ
【1日目】 決まった場所と時間を作る
【2日目】 パソコン環境を徹底的に整える
【3日目】 操作・入力をほぼ自動化する
【4日目】 時間を断捨離する
【5日目】 CAPDでまず検証する
【6日目】 頭が良くなる「箇条書き記録法」
【7日目】 しないことリストを作る
【8日目】 自分だけではなくチームで効率化する
【9日目】 50%で見切り発車する
【10日目】 超効率・情報収集術
【11日目】 超効率・時間管理術
【12日目】 睡眠を極める
【13日目】 食事や運動にこだわる
【14日目】 コミュニケーションを極める

たかごん

それでは、〝【3日目】操作・入力をほぼ自動化する〟にチャレンジしていきましょう。

【3日目】操作・入力をほぼ自動化する

ブラインドタッチを極める

タイピングは全ての作業において必要なことです。タイピングのスピードが早いほど作業処理が早くなり効率化に繋がります。そこで始めのうちは朝活・夜活の10分を割り当てて練習すべきです。

ブラインドタッチの練習には、タイピングソフトを検索してそのソフトを利用することをオススメします。特に回転寿司と一緒に問題が流れてくる「Flashタイピング【寿司打-SushiDA】」やゴーストを倒しながら練習する「ゴーストタイピング」がオススメです。

➽ Flashタイピング【寿司打-SushiDA】

➽ ゴーストタイピング

ショートカットキーを使いこなす

パソコン作業を効率化するために、必要不可欠なのが「ショートカットキー」です。これは、初めは慣れない為、意識して使うようにしてください。

【Ctrlキー】を使った8つの操作

ショートカット 機能
【Ctrl】+ A すべてを選択
【Ctrl】+ C コピー
【Ctrl】+ X 切り取り
【Ctrl】+ V 貼り付け
【Ctrl】+ Z ひとつ戻る
【Ctrl】+ S 保存する
【Ctrl】+ P 印刷
【Ctrl】+ W ウィンドウを閉じる

OS操作でけっこう使えるパターン

ショートカット 機能
【Win】+ D デスクトップを表示
【Win】+ L パソコンをロック
【alt】+ 【tab】 複数のソフトの切り替え
【Esc】 キャンセル
【F2】 ファイル名修正

入力関係のショートカットキー

ショートカット 機能
【F7】 全角カタカナ
【F8】 半角カタカナ
【F9】 全角英数字
【F10】 半角英数字

文字のスタイルを変更するショートカットキー

ショートカット 機能
【Ctrl】+B 太文字にする
【Ctrl】+U 下線付きにする
【Ctrl】+I 斜体にする
【Ctrl】+【スペース】 標準スタイルに戻す

以上のように様々なショートカットキーがあります。少しずつで良いので使っていきましょう。

スクロールと範囲指定はマウスを使わない

そして、、マウスをよく使う場面が、画面を移動・スクロールしたり、テキストの範囲選択する場合が多いですがこれもキーボードだけで作業するようにすると効率化に繋がります。

基本的に、入力欄の移動は【Tab】キーですませられます。もし間違えて次の欄に移動してしまっても【Sift】+【Tab】キーですぐひとつ前の入力欄に戻れます

Exceの場合ではセルの移動をする時は、【Enter】でひとつ下のセル、【Tab】でひとつ右のセル、【Shift】+どちらかのキーで元に戻せます。Wordなどの書類でも、文章の先頭へは【Home】末尾への移動は【End】を使うと簡単に移動できます

単語登録

ショートカットキー以外で効率化と言えば「単語登録」です。例えば、仕事でメールの返信などで「お疲れ様でございます。」「おはようございます。」など同じ言葉を何度も入力していませんか?

その入力を効率化を図るために「単語登録」をオススメします。以前、そのことについて書いた記事があるので参考に見てください。

《3章》単語登録をフルに使って入力時間を短縮
【今回のポイント】
ブラインドタッチとショートカットキーを極めよう!
最低100語は単語登録しよう!
created by Rinker
¥1,430 (2019/10/19 15:37:27時点 楽天市場調べ-詳細)

超簡単!パソコンの操作や入力を自動化しよう!